• 慶應義塾大学商学部

    総合教育セミナー

    「地域との対話」

    Dialogue with Local Community

  • 「地域との対話」とは

    ★2018年度履修許可者

    履修許可者は以下の通りです。地域というテーマについての関心度の高さ,および履修熱意の明確さで判断して決定しました。
     

    <履修許可者>
    31763674, 41701878, 41703184, 41705939
    41706162, 41706868, 41709952, 41711018
    41711438, 41711481, 41714169, 41714626
    41717827, 41718380, 41718693, 41721292
    41805180, 41805424, 41810232
    以上 (学籍番号順)


    この発表は履修を強制するものではありません。履修について相談がある場合には以下まで連絡をお願いします。
    (連絡先) 牛島利明 ushijima(アットマークに変更)fbc.keio.ac.jp

     

    ===================

     この授業は、慶應義塾大学商学部総合教育セミナーの一つとして設置された少人数制の演習科目です。

     

     日吉キャンパスの近隣地域でフィールドワークを行いながら、地域の抱えるさまざまな問題(商店街 の活性化、子育て・障害者支援、地域コミュニティのあり方など)について調査研究・提言・活動を行います。

     

     調査や体験・観察を通じて地域の問題・課題を発見し、多様な人々が安心して暮らせる魅力ある「まち」を支える新しい制度 や文化(ソーシャルデザイン)を創出しようと試みる意欲ある皆さんの参加を歓迎します。

     

     授業は、学生によるグループワーク主体のゼミ形式で行います。履修者はグループでフィールド調査を実施し、さら に自分たちの提言に沿って実践的な活動を行うことを目指します。今年度は、地域コミュニティのあり方や商店街の活性化(消費者・店舗調査に基 づく商店街の調査・提言、イベント企画、地域コミュニティにおける商店街の役割の考察など)を中心に扱う予定です。

    詳しい内容は初回の授業(ガイダンス)で説明します。

     

     なお、金曜4限の授業時間は主にミーティングや発表のために使い、学外での調査や活動は授業時間外に行います。授業時間以外でもグループで活動に取り組むことができる意欲と時間的余裕があることが履修条件となります。

     

    ★2018年度の履修について
     履修希望者が多い場合には初回授業(ガイダンス)でエントリーシートを提出してもらい、履修許可者を決定します。エントリーシートは当日配布しますが、Word版ファイルに入力・印刷、あるいはPDF版ファイルに手書きで準備し、当日提出していただいてもOKです。初回授業に参加しない場合、履修は認められませんので注意してください。

  • 2015年度の活動

    モトスミ・オズ通り商店街チーム

    子ども×オズ通り×綱奥

    伊勢佐木町六丁目商店街チーム

    子どもが集まる、遊び場としての商店街

  • Social Feed

    Check out my latest updates!

  • Connect With Us

    Make sure to add links to the icons!

    Twitter